通学型のエンジニアスクール

あらかじめ用意されている教室に集まり、講師から直接受講できるのが通学型のエンジニアスクールです。

通学型にも二つのパターンがあり、マンツーマンと集団で一緒に受けるものがあります。マンツーマンの場合には講義のコマが決められていて、その中から都合の良い時間を選ぶというのが一般的であり、他の人の進み具合を気にしなくて済むのはとても楽です。他の人たちの進み具合が遅いとイライラするかもしれませんし、速すぎるとついていくのが大変です。自分のペースでやりたい人にとって最適な環境であり、すぐに質問できることもメリットとしてあげられます。

集団形式のエンジニアスクールもオンラインよりは質問しやすいのですが、教室内の雰囲気によっては気軽に声を発することができないようなケースもありますので、事前にどのような雰囲気で授業が行われているのかを確認しなければなりません。せっかく対面式で授業を受けているのに、必要な時に質問もできないようならわざわざ出向く意味がありません。通学型の良いところは分からないところをスピーディーに解決できる点ですので、質問できる環境は大事です。

大勢の人が集まっていると他の人と話をする機会が多くなり、ものの見方が変わります。知識が広がったり広い視野で見られるようになったりしますので、そういった面でもエンジニアスクールは良い効果が期待できます。同じ目的を共有していますので、モチベーションが高まりやすいというのも長所です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *