Javaでソフトウェアを作る

JavaはもともとSUN社が作成したプログラミング言語ですが、オープンソース化され、現在ではORACLE社によって管理、開発が行われています。

Javaのメリットは一度作ったプログラムはどのOS環境下でも動作することです。もともとインターネットとも親和性が高いこともあり、インターネットサービスやシステム基盤などでも利用が進んでいます。どのOSでも動くことについては現在ではコンピュータの規模によって分かれてしまい、厳密に言えば動作しないのですが、ビルドし直しなどを行えば動作する可能性が高いと言われています。

ソフトウェアにおいてJavaを選ぶ理由としても移植性が高いことを上げる方が多いようです。また、JavaはCとは違いOS依存型のプログラムを作成しません。JavaはJVMと呼ばれる仮想コンピュータ上で動作します。JVMは各OSごとに用意されており、JVMで動作するプログラムならOSが異なっても動作することが特徴です。

そのため、システム基盤用に採用されることが多いです。ソフトウェアを作成して困るのがOSが変わると動作し無いことです。さらにOSのバージョンアップでもソフトウェアが動作しないことすらあります。そこでJVMで動作するJavaでソフトウェアを作成することでJVMが動作するOSに依存させないことで長く使えるソフトウェアとして開発することが増えています。
また、Javaは言語として安定しており、長期の運用に耐えられることもメリットです。
プログラミングスクールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *