プログラミングスクールに通えば資格がなくても大丈夫

基本的にどんな企業でも自社の業務に役立つ資格を持っている人を優先して採用する傾向が強いと思います。

しかし、慢性的な人材不足という問題を抱えているエンジニアやプログラマーの場合には資格の有無は関係なく、仕事の現場で役立つプログラミングの技術や知識を身に付けている人であれば積極的に採用したいと考える企業が多いようです。また、人材不足が問題となっているエンジニアやプログラマーは必然的に需要が高くなっており、他の職種に比べると就職後すぐに高収入が得られる職種でもあることから新卒の就活生のみならず転職希望者からの人気も高くなってきています。

そして、そういったエンジニアやプログラマーを目指す多くの方の場合には資格を取得するのではなくプログラミングスクールに通って技術や知識を学ぶ方が増えているのです。資格を取得することを目指す場合、試験に合格するまで学習を続ける必要があるため先が全く読めませんし、費用も100万円以上かかることも考えられます。それに対してプログラミングスクールでは早くて1ヶ月・遅くとも半年ほどで技術や知識を取得できるうえに費用も30万円ほどで抑えることができるのです。

さらにプログラミングスクールでは就職や転職に関する手厚いサポートを受けることができ、中にはスクール卒業後お一定期間内に就職や転職ができなければ受講料の全額キャッシュバックを約束する保証サービスを実施しているところもあります。このように受講生にとって就職や転職が有利になる大きなメリットがあるので、エンジニアを目指している方で仕事に役立つ技術と知識を身につけたいとお考えの方はプログラミングスクールに通うことを一番に考えてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *