資格取得を目的としたプログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールに通う目的にはさまざまなものがあります。

IT関連の職業につくまでの訓練のため、趣味でプログラムの勉強をするためなど。基本的には自分好みのところに通うのが良いでしょう。ただ、情報処理関連の資格を取得するためにプログラミングスクールを選ぶときには、幾つか注意すべきポイントがあります。まず、当然ですが自分が取得したいと考えている資格に合格するための講義を行なっていることを確認しなければなりません。案内のパンフレットなどには幅広く情報処理関連の資格取得をサポートするといった文言が書かれている場合が多いです。

しかし、情報処理の資格にもさまざまな分野があり、言語系・システム管理系・データベース系など一様ではありません。そのスクールがどの分野を得意としているのか、しっかり確認しておく必要があります。もうひとつ大きなチェックポイントとしては、そのスクールの講義が実技中心なのか座学中心なのかということです。自分が合格を目指している資格をサポートしているところであっても、やがて実務につく人のために実用的なプログラミング技術を重点的に教えている場合もあります。

いくら学習すべき言語についての講義が何十時間も設けられていても、それが知識・情報取得のためではなく実務を前提としたトレーニングばかりでは試験の対策にはなりません。自分が希望する内容の講義をしているスクールを選ぶ最善の方法は、無料体験入学などを利用することです。実際に講義を受けてみれば、具体的な指導方針もよくわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *