業務に役立つエンジニアのためのビジネススクール

今、増えているのがビジネススクールへ通って経営の知識を学ぶITエンジニアです。

一見二十歳街に見えるような分野であってもIT技術と経営というのが密接につながっています。IT技術の究極にあるものは企業の業務のプロセスを現在よりもより良いものにすることで、経営に利益をもたらすということです。そのため、どのようにしたら業務を改善することができるのか、逆提案をすることがITエンジニアに求められる時代になってきました。

ビジネススクールで学ぶITエンジニアたちは、経営の仕組みを学び、企業が納得できる経営ソリューションを提案することで、新たなニーズを開拓して業務を拡大する取り組みを行っています。ビジネススクールで学んだことをすぐに現場で実践することができる点に面白さを感じる技術者も多く、それが業務の拡大にもつながっていることから、良い効果をもたらしているのです。

一昔前の技術者の場合、必要な技術を提供するだけでその業務は終わっていました。しかしながら、現代においては企業のニーズを理解してそれに見合った価値のある技術を提供することで、エンジニアの信頼につながっていると考えられています。ITに求められるものが高度化し、そして複雑化している状況において、ITと経営が不可分なものになってきているという状況をいち早く感じ取り、ビジネススクールで経営学やマーケティングを学ぶことはとても有益なことであると言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *