エンジニアになりたい人のスクール

時代はどんどん進化して、今後10年ほどで今ある仕事の半分ほどがなくなってしまうと言われています。

それは、今人間がしている仕事のほとんどが、プログラムに置き換えられていくということを意味しているのです。つまりプログラミングは今学校で習っている国語や算数などと同じような一般教養だということです。どの産業でも、テクノロジースキルが必要になることが明確になっている今だからこそ身につける必要があるのではないでしょうか。このように考える人にとっては、プログラミングのスクールに通うということが一番エンジニアになる近道だと考えられます。

一口にスクールと言っても色々な生活スタイルに合わせたスクールがあります。通学型のものであったり、忙しくて通学する時間が取れない人のためにある、オンラインタイプなどもあります。自分なりに自己管理できる人であれば、好きな時間に自宅で学べるオンラインのタイプは大変便利ではありますが、自分で自己管理していく自信がない人にとっては、モチベーションを保つことが難しくなります。そのような人には、通学タイプの方が向いていると考えられます。

エンジニアにあるためには独学という方法もありますが、どのように勉強していけばいいのかということを知るためにはスクールに通う方が効率的です。一人でも多くのエンジニアが増えることによって、ますます日本のテクノロジー産業が充実していくであろう未来が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *