iPhoneXの機種変更時にはアプリの互換性に注意

iPhoneXでは、iOS11が採用され、完全64bit化が実現し、より高度な演算処理が可能となりました。


iOS10では、32bitと64bitの両方に対応しており、32bitアプリのインストール時には、このアプリは将来使用できなくなる可能性がある旨のメッセージが表示され、注意喚起がされていました。旧モデルのiPhoneからiPhoneXへ機種変更するユーザーの多くは、既存のAppleIDを使用し、iPhoneXのアクティベートを行い、AppStoreからアプリのインストールを行い、環境の移行を行う流れですが、この時点で32bitアプリは、利用不可能となります。



多くのアプリは、iOS10の段階で、64bitへの移行を済ませたり、iOS11からサポート外となる場合は、事前にアナウンスメントがされるなどの対策がされていましたが、特にそれらのアプリが、日常的に利用し、お仕事などで重要な役割を占めているのであれば、完全64bit化されるiOS11を採用したiPhoneXに機種変更する前に、代替のアプリを探すなど、事前の下準備が必要です。


まず、32bitアプリのインストールの有無を確認するには、「設定」「一般」「情報」「App」とタップしていくと、32bitアプリがインストールされている場合は、「App互換性」の画面に切り替わり、32bitアプリがリストアップされ、ストレージ内に32bitアプリが存在しない場合は、「App」をタップしても何も表示されません。



ここで、該当するアプリに、64bit版がリリースされているなら早急にアップデートし、存在しない場合は、代替のアプリを選定しなければなりません。



iPhoneXの快適な環境をいち早く体験するためにも、一連の確認作業は、機種変更の前に、済ませておきたいところです。